2009年12月22日

そういえば

ピペ大などが終わって気分的に一段落しちゃってますが、実はすごい忙しいままです。
最近、胃が特に痛くて、本当にヤバイかもしれない。。。でも胃カメラ怖いし、病院には行きたくないよぅ(><)
牛乳とか豆乳とかヨーグルトとかで何とか治ってくれないだろうか。。。?
posted by ともとも at 22:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ペパクラ

今札幌のloftが引越しするので、クリアランスセールをやっています。何か欲しいもの無いかとふらふらしていて見つけた一品。ハンズオンが出しているペーパークラフトの「ペパクラ」です。楽器のシリーズで、写真のチェロのほかにも、バイオリン、ピアノ、ハープ、ギターなどがあります。
既にほぼカットされている紙なので、その分難易度は下がると思いますが、それを補って余りあるほどの出来上がりの美しさ!!ペーパークラフトとは思えないこの曲線!
はーーーー、欲しい〜〜〜〜〜〜!!!!
でも躊躇するほど高いのよねー(;;)
いずれ買っちゃうなら、クリアランスセール中の今買ったほうが得か・・・??
posted by ともとも at 21:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

第39回ピペット大会

09121801.JPG年末恒例のピペット大会がやってきました。ここ数年委員長(実質委員長を含む)だったので忙しかったけど、今年はヒラの食事係だから大丈夫かな〜と思ってたら、やっぱり忙しかった。。。でも昼ごはんも、おやつのともとも謹製レアチーズケーキも好評だったようなので、良かったです。

今回は今年度で退官する教授の退官記念大会だったわけですが、なんと劇的な展開!文句なしの記録(20mlのホールピペットで9回の標準偏差0.00269ml)をたたき出し、その教授がぶっちぎりの優勝でした。なんだか嬉しくて、私もうるっと来てしまいましたよ。

ちなみに私は、標準偏差0.00495mlで5位でした。昔なら、この記録だと10位以下だったろうに、5位に留まれたのは皆さんの腕が落ちてるんだと思いますけど、どうなんでしょうねぇ。
写真は、賞品でもらった「ナノブロック」です。レゴのものすごくちっちゃいやつなんだけど、パッケージの五重塔がほぼ原寸大!ブロック1個何ミリ!?みたいな。超私向けの賞品でした。わーいw
posted by ともとも at 23:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

地味に忙しくなった

卒業の目処は未だに立ってないんだけど、うっかり学位申請なんぞしてしまったので、うっかり急に忙しくなってしまったなぁ。

とりあえず、まだ2割しか書いてない学位論文の第一稿締め切りが10日なので何とかしなきゃいけなくて、それはつまり今月中に最終稿にしなきゃいけなくて、最終稿にするには本当はあと1年分のデータを出したくて(その実験にはちょうど一ヶ月かかる)、同時に今月末に特集号の論文締め切りがあったりして。。。
明らかに、無理じゃね。。。?(^^;みたいな。
まぁ最悪、データと特集号を諦めれば何とかなる・・・かな?
いやいや、最初っから諦める事を考えるのはやめましょう。

なんだか、寿命を縮めて(絶対縮まってる!!)までやる事かな?と思ったりもする今日この頃。
posted by ともとも at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

MITAKA

皆さん、国立天文台の4次元デジタルプロジェクト(4D2U)のMITAKAというソフトをご存知ですか?
簡単に言えば、現在わかっている宇宙を旅できるソフトです。インストールなどは必要なくて、DLして起動するだけ。ソフトと言うよりアプリって言うのかな?良くわからんけど。

とにかく、これがすごいのよ。
起動するとまず国立天文台のある三鷹から上空を見上げてます。
この状態はプラネタリウムみたいな感じね。視点を動かして四方の空を見れる。時間も動かせる。しかもこの時間が、10秒単位から、100年単位まであって、100年単位で時間を動かせば、-5000年とか、5000年の夜空が見えて、北極星が北極星じゃなくなる様子も良くわかる。

そしてさらに、「離陸」できるんですよ。離陸してどんどん地球を離れ、外から地球を眺めます。地球上のほかの場所に着陸してそこからの空を見上げることもできるし、どんどん地球を離れて、火星に着陸し、火星からの夜空も見れる(もちろん実際の画像じゃないけど)。
どんどん地球を離れて、太陽系、オールトの雲、銀河系。。。現在わかっている宇宙の限界、137億光年まで見ることができます。

さらに、ボイジャーなどの探査機ちゃんと飛んでるし、太陽系のほかの惑星を中心にして宇宙を見ることもできる。
3次元なので、軌道のずれとか、地上から見る星座のそれぞれの星がてんでバラバラの距離にあったりとか、一目瞭然。

何よりすごいのは、離陸してから画面上にある全ての点(星とか全ての天体)にカーソルを合わせると、全部名前が出るのですよ。どんな小さな星でも、絶対名前が出る。

あ、ただし、宇宙に重点を置いてるので、地球や火星などの惑星表面はあまり精密ではありません。ま、地球表面ならgoogleアースでも見てりゃ良いからねw

まだすごさを語りつくせてないけど、とにかくすごいので、宇宙とか星好きの方はぜひぜひ試してみてください。

↓↓国立天文台MITAKAのHP
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/index.html
posted by ともとも at 22:28| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする