2009年12月03日

MITAKA

皆さん、国立天文台の4次元デジタルプロジェクト(4D2U)のMITAKAというソフトをご存知ですか?
簡単に言えば、現在わかっている宇宙を旅できるソフトです。インストールなどは必要なくて、DLして起動するだけ。ソフトと言うよりアプリって言うのかな?良くわからんけど。

とにかく、これがすごいのよ。
起動するとまず国立天文台のある三鷹から上空を見上げてます。
この状態はプラネタリウムみたいな感じね。視点を動かして四方の空を見れる。時間も動かせる。しかもこの時間が、10秒単位から、100年単位まであって、100年単位で時間を動かせば、-5000年とか、5000年の夜空が見えて、北極星が北極星じゃなくなる様子も良くわかる。

そしてさらに、「離陸」できるんですよ。離陸してどんどん地球を離れ、外から地球を眺めます。地球上のほかの場所に着陸してそこからの空を見上げることもできるし、どんどん地球を離れて、火星に着陸し、火星からの夜空も見れる(もちろん実際の画像じゃないけど)。
どんどん地球を離れて、太陽系、オールトの雲、銀河系。。。現在わかっている宇宙の限界、137億光年まで見ることができます。

さらに、ボイジャーなどの探査機ちゃんと飛んでるし、太陽系のほかの惑星を中心にして宇宙を見ることもできる。
3次元なので、軌道のずれとか、地上から見る星座のそれぞれの星がてんでバラバラの距離にあったりとか、一目瞭然。

何よりすごいのは、離陸してから画面上にある全ての点(星とか全ての天体)にカーソルを合わせると、全部名前が出るのですよ。どんな小さな星でも、絶対名前が出る。

あ、ただし、宇宙に重点を置いてるので、地球や火星などの惑星表面はあまり精密ではありません。ま、地球表面ならgoogleアースでも見てりゃ良いからねw

まだすごさを語りつくせてないけど、とにかくすごいので、宇宙とか星好きの方はぜひぜひ試してみてください。

↓↓国立天文台MITAKAのHP
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/index.html
posted by ともとも at 22:28| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、こいつぁすごい!
楽しいねぇ、こういうの^^
Posted by りゅう at 2009年12月04日 09:37
すごいよねー!
欲を言えば、X線モードとかをつけて、通常の可視モードだと見えないブラックホールとかも探せちゃったりしたら面白いよね!
事業仕分けでいろんな予算が本当に減るとこういうものもなかなかできなくなっちゃいそうだけどね〜。。。
Posted by ともとも at 2009年12月06日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック