2006年12月09日

2時間ドラマ

おばさんくさいかもしれないけど、実は2時間ドラマが大好きです。
推理物が好きな上に、結末がわかっているからドキドキしないし、途中見逃しても全然問題ないから。
でも最近の2時間ドラマは昔とちょっと変わってきて、人間性とかが重視されるようなのが増えてきましたね。

この前見た2時間ドラマは、ストーリーはありふれてて、結局のところ警察の人間が悪の誘惑に負けて犯罪に加担してしまっていたのだけれど、それを、格下の若手刑事(菊川怜だったと思う)が捕まえに行くのですよ。
そこで若手刑事が犯人(警察の人間)に言われるわけです。
「綺麗事言ったって、お前らだって犯罪者を食い物にして生きてるじゃないか。犯罪者がいなかったら警察なんて必要ないんだ。」

で、若手刑事がぐっと詰まるわけですねぇ。
ついでに私もうーんと思ってしまったわけですよ。
でもな〜、警察無いと免許とか車庫証明とか困るかもな〜、と思ってみたり。。。
でも、犯罪じゃないと警察が介入できないって事は犯罪がなかったら警察はほとんどいらないのかもーと思ってみたり。。。
結局答えは出ず。
こういうときは藍に聞いてみよう。
posted by ともとも at 23:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29942760

この記事へのトラックバック