2009年08月11日

痛デコポスターを目指してみるよ

キラキラブーム。
なので、先日の中間発表後の飲み会の時に指導教官に
「今度の国際学会の発表ポスター、デコっていいですか?」
と聞いてみた。
すると指導教官は
「デコもいいけど、痛ポスターの方が日本文化(!?)っぽくていいんじゃない?」
というので、そうしようと思ったけど、やっぱりデコは譲れないので、
9月の中旬にドイツで発表するポスターは痛デコポスターにする(大真面目)。

ただ、自分じゃ美少女キャラを描けないので、描いてくれる人を真剣に募集中。
posted by ともとも at 22:29| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

人生を左右するかもしれない

というと大げさなような気もしますが。
明日は体験入学のTA、国際学会の長めの要旨を14日までに書いて、19と20日に放射線取扱の試験、31日に予備審、9月中旬に国際学会。隙間に投稿論文の改訂。
果たしてこの怒涛の1.5ヶ月を乗り切れるのか(^^;
寺脇さんパワーがいつまで持つかな。
posted by ともとも at 22:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

地球ゴージャス『星の大地に降る涙』の寺脇康文に恋したvv

09080102.JPG岸谷五朗と寺脇康文の企画ユニット、地球ゴージャスプロデュースのミュージカル、「星の大地に降る涙」を見に行ってきました。出演は二人のほか、三浦春馬、木村佳乃、音尾琢真、など。
ストーリーは以前見た千年王國の「愛する人を失うという世界共通の悲しみについての物語」になんとなく似てました。戦争と侵略と平和と愛、ですかね。

NACSファンのBUNさんに感謝!なんと4列目!!激近!!!
いや〜、木村佳乃さんの歌上手かった〜。音尾さんのシリアスな演技も素晴らしかったです。三浦さんの殺陣もかっこよかった。でもなにより、やっぱり寺脇さんかっこよかったーvv岸谷さんと寺脇さんの掛け合いも最高。面白すぎ。

もともと刑事貴族時代の寺脇さんと水谷豊が大好きで、そこから相棒の二人も好きで、でもどちらかと言うと水谷さんの方が好きだったんだけど、舞台見ちゃうと、やっぱり寺脇さんかっこいいわ〜〜〜vv
普段ちゃらけてても、実直で、いざというときに命をかけて守ってくれる感じがいいよねー。

はぁ〜〜。今のところ理想の旦那さん;寺脇康文。
ちなみに写真はクリアファイル。机に飾って毎日寺脇さんに見つめられよっとv
posted by ともとも at 22:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

豆腐じゃないよ〜。

09072801.JPG豆乳レアチーズケーキ。ミニ豆腐の容器で固めたら豆腐そっくりw
メープルシロップをかけて食べたら激うまでした。豆乳が結構入っているのに、豆乳臭さはほとんど感じません。ただ、結構もったりしているので、この量を食べると飽きる(^^;
欲張って一人で食べるのが悪いんだけどねw




レシピと豆腐容器のアイディアはこの本を参考にしているのだけど、この本、雄鶏社だからもう絶版なんだよねー。アマゾンではまだ売ってるみたいだけど。
posted by ともとも at 22:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ソープ・カービング

09072701.JPG本屋さんに行ったら、ソープカービングの本を見つけてしまい、みてたらやりたくなってしまったので、やってみました。

記念すべき一作目。ダリア。写真だとなんとなくそれなりに見えますね(笑)
彫りやすい石鹸と彫りにくい石鹸があるらしいんだけど、気にせずスーパーで一番安いのを買ってみました。けど、まぁ何とか大丈夫でしたよ。ただ、体温であったまってやわらかくなってきちゃうので、冷蔵庫で冷やしておいた方がいいのかも。

ソープカービングの欠点は、大量の石鹸の削りカスと大量の使いづらい石鹸ができてしまうことですかね(^^;風呂で使ったって石鹸ってそんなに減らないもんな〜。。。
フルーツとか、ベジタブルカービングもやってみたいなー。失敗したら食べちゃえば良いんだもんねw

今回買ったのはこの本。写真もたくさんで、丁寧でわかりやすい。初心者向けの本で、良かったですよ。

posted by ともとも at 23:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

酸素プラスってどのくらい?

09072501.JPG8月5日に高校生の体験入学があって、今年は「溶存酸素を測定してみよう!」というテーマにしたので、後輩と実験準備と予備実験をしてみました。その結果が結構面白かったのでご紹介。

去年までの二酸化炭素濃度(pCO2という)の測定は試料によって劇的に値が違うので面白いんだけど、測定操作が面白くなかった。溶存酸素は測定操作(滴定)は面白いんだけど、試料による値の差があんまりないと思われるわけで、結果が面白くないかも。というわけで、ちょっと悩んだのですが、日本化学会のイベントだし、今年は実験操作の楽しさ優先で、溶存酸素の測定にしてみました。

考えていた試料は、水道水(熱水、常温、氷水)、海水(常温)、金魚のいる水槽の水、水草だけの水槽で、それぞれどのくらい酸素が溶けているか測ってみよう!ということだったわけですが、思い出して、前々から気になっていた、「酸素添加のミネラル水」というやつに本当に酸素がたくさん入っているのか測ってみたい!ということで、ついでにやってみました。

溶存酸素は、ものすごく端折って言えば、水酸化マンガンの沈殿に溶けている酸素を固定して測定します。で、写真の中央6本のガラス瓶が酸素を固定して、滴定する前のもの。この時点で、試料水に酸素がたくさん含まれていれば沈殿は褐色になり、少なければ白色の沈殿になります。ちなみに左端に写っているのは手動のビュレット、右端はオートビュレット。
ガラス瓶のサンプルは左から、酸素プラス水、クリスタルガイザー、温水、氷水、井戸水、金魚水槽水です。温水はかなり白い。金魚水槽水は気持ち薄め。これらは予想通り。そして、酸素プラス水は沈殿が真っ黒!!!こんなに真っ黒なのは初めてみました!

個人的には、酸素プラスといってもそんなに入ってないじゃ〜ん、というのを期待していたのですがw
ラフに計算したところでは、クリスタルガイザーの3.5倍の酸素が含まれていました。ただし、過少見積もりの可能性ありなので、もっと多いかも。

こういうのって自分で測定してみると、へぇぇ〜〜と思いますよね。まぁそんなわけで、酸素プラスは本当に酸素が多い!というのがわかって面白かった。でも、封を切ってからしばらく置いとくと多分すぐ溶存酸素量が減ってしまうと思われるので、開けたらなるべく早く飲んだほうが良いかもw
posted by ともとも at 23:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

LAUGH LAMP『4年4組へ行こう』

09071901.JPGLAUGH LAMPという劇団(集団?)の「4年4組へ行こう」という芝居を見てきました。
廃校を利用したある診療施設での、血の繋がらない、一つの家族のお話。“七不思議を全部集めて4年4組の部屋にいる死神のところに行くと願いを一つかなえてくれる”事を信じて、4年4組の部屋を探す少年とその理由。他の入院患者それぞれの事情。
イナダ組のようなどたばたや笑いもそんなに無く、穏やかに物語が進む感じでした。話としての意外性とかもそんなに無いけど、せつない話に生演奏があったりで、涙もろい私はやっぱりうるうるしてました。
関係ないけど、会場がCube Gardenだったからか、隣にオクラホマの河野さんが座ってました。ああいう時って、「ライブ頑張ってください〜」とか声かけるべきなのか、ひたすら無視していいのか、悩むね。本人としては、どうなんだろ?
posted by ともとも at 19:11| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

カエルさんが死んじゃった

カエルを研究している友人にもらったトノサマガエルを先月から飼っていたのですが。
今日気付いたらお亡くなりになっていました。餌もコオロギをあげていたし、水も結構頻繁に変えていたし、なんで死んじゃったのかわかりません。死体は裏庭に穴を掘って埋めました。
ものすごく真剣に可愛がっていたわけじゃないけど、やっぱり、死んじゃうと切ない(;_;)
posted by ともとも at 23:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

雄鶏社

紀伊国屋書店に行ったら雄鶏社の本が半額!!になってました。
そう、雄鶏社つぶれちゃったんだよね〜。。。手芸をする人ならほとんどの人が知っている、雄鶏社。結構マニアックな本も出していて、良かったのになぁ。。。
例えば、メタルメッシュリボンの手芸本とか、樹脂粘土すけるくんの作品本とかはそもそも雄鶏社しか出してないし、チーズケーキ専門のレシピ本とか、カリグラフィーの入門本とか、アジアンノットの手芸本も雄鶏社がかなり良かったのに〜。残念。
本マニアの親友・藍が言うように、似たような本たくさん出してる日本ヴォーグ社とか、助けてあげてほしかったよなぁ。でもまぁ、どこも厳しいんでしょうね。
思い返すと、雄鶏社のおかげでだいぶ趣味の幅が広がっているので、返す返すも残念です。
posted by ともとも at 23:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

MW−ムウー

手塚治虫原作で映画化されるというので、原作が読みたくて近くの書店を探し回りました。が、みんな考えることは同じようで、どの本屋でも在庫なし。やっとコーチャンフォーのミュンヘン大橋店に在庫があることがわかり、真夜中に車で買いに行きました。24時までやってる本屋って便利ね。
いやー、映画の宣伝で「衝撃の問題作!」みたいな文句だったので、気になっていたけど、確かに、いろんな意味で衝撃の“問題作”でしたね。政治的にも倫理的にも、完全に映画化するのは色々と問題がありそうで、原作での様々な問題提起も映画ではかなりマイルドになってしまっているんだろうなぁと予想されます。
これは、絶対的に、原作も読むことをお勧めします。
posted by ともとも at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする